考えてること

先日、時間があったから、一曲だけ、曲を作った。

作った直後、あんまり、うまくいったと思えなくて

どうしようもない辛さが襲ってきた。

母や子供にどう?って聞いて見て、褒められても

納得いってないから、辛かった。

これは、半年前のマンネリの曲での辛さに似ていた。

その後、時間が経って、いま思うことは、

tなんとかさんはお金を持つと、不摂生などになるから良くないと

いっていたけれど、辛い時に、息抜きをするお金もなく

同じ状態で次の日、また、曲を作るような

地獄の日々は、お金があればリフレッシュに美味しいレストランに

いったり、美容院に行ったりできるから、良いと思う。

不摂生は逆にストレスからくるもので、私のように地獄の日々を送れば

不摂生になる。だから、何億という数字はありえると思う。

だから、私は、辛い地獄の日々は無理だと思った。

クリエイティブには評価がつきまとう。

できた後に、自分と他人の評価が良くなければ、かなり辛い。

だから、こんを詰めず、やりたい時にやって納得いかなかったら

考えずに済む道へ行った。

お金ばかり言って悪いけど、良い作品、悪い作品は、良い作品は悲しみの中で

できることが多い。だから、売れるとも言える。でも、その悲しみをお金に買えレたら、悲しみは無意味じゃなかったって言える。

私の人生は、深く考えれば、無念。

でも、数日経って、こないだの悪かった曲を聞いて見た。すっかり忘れた頃に

まぁ悪くないし、案外いいかも?って思う。

これは、以前もだった。でも、また、やっぱり納得いってないって繰り返す。

だから、作曲は辛い。

自分は作るのが辛いんじゃなく、作った後の出来が悪い時が一番辛い。

話は変わるけど、最近のJPOPは移り変わりが激しい。

たくさん人がいて、溢れかえり、入れ替わりも激しい。

でもKPOPは一昔前の日本に似てる。

ランキングを見ると同じメンバーが上位にしめ、同じ人ばかりだ。

だからKPOPもいつか、溢れかえって今の日本みたいになるかもしれない。

欧米のことはよくわからないけど、そう思った。

で、戻るけど、私の久々の曲、今の心の中を作詞したつもり。

歌詞はいつも大好き。オケとメロディがあんまりのようないいような。

だから、桶に対してメロディを書くから、だから、オケとメロディは一体。

歌詞はメロディを発展させる要素。

というわけで、宣伝ではなく、一応25日に発売です。

私は、辛い日々を連続してはもうできないから、求めすぎないで欲しい。ごめん。みんなありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です