秋元康の歌詞評論

評論って好きじゃないけど、やってみたくなった。チャイムがわれた音について。

https://www.uta-net.com/song/297407/

懐かしい匂いがするイコール同じってことだから、ずっと同じっていうテーマでもっとかけた気がする。

君の心の時計はずっと同じなのに街はどんどん動いていく

僕の置き去りの心も人に流されていく

何も変わってないのに心は汚れたか? 

途中から二つあるより一つのテーマを展開させてもいい。

気がする。懐かしい匂いがしたのは同じ景色が広がってたから。だから。

もし、そのテーマで僕の心が汚れたのか?と問いかけてるなら良く出来てるけど

チャイムの音イコール音楽が汚れてるだから汚れた事をテーマにしてるのかと思った

もし、音楽が汚れた気がしたがテーマなら、

誰も悪くないって言うけどチャイムの音が流れる度に睨んでる子がいて

その音は子供の頃はは純粋な色だったのにくすんで見えるのは、邪気があるから?

みたいな歌詞もいいし

色々書けるから

主人公がいる映画なら、発展させてもっと書いてもいいから、今度やってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です