美容系Youtuberみなの紹介


福岡県福岡市の博多区にて誕生したMINAさんは物心が付いた頃から親やお友達の前で積極的に歌を歌う子供であり、披露していた歌声についても既にまるで天使の歌手のような歌声であった様子から、周囲の大人達からは感心され早い段階から将来は音楽の道に進むと期待されていた逸材です。
19歳を迎えた際元来生まれ持っている音楽の才能をより一層高めるべく、ハワイ大学に進学する決意を固めます。
ハワイ大学の進学に際し地元を離れアメリカに移住する事になり、当人はもとより幼少期の頃を知る周囲の方々も一抹の寂しさを感じていましたが、自身の夢の実現と周囲の期待に応えるようにして単身アメリカに向けて飛び立ちました。同時に、学生時代からお洒落が大好きで、メイク、髪型、ファッションは学生時代はすごく気にかけていたことから、21歳の頃はメイクやネイルの学校に通っていた経験もあります。
進学先のハワイ大学は、MINAさんと同様に有している才能を一層高めるべく世界各国から学生が進学し通学していたため、進学した事により日本ではなかなか触れる機会が少ない異文化交流が積極的に行え、作品の世界観を広げる直接的なきっかけになったと振り返っています。

同様にハワイ大学はアメリカであるが故に、世界中から学生が集まってきているとは言っても授業で話されている言葉や飛び交っている言葉は母国語の英語なので、彼女の楽曲で耳にする事が可能な流暢で心地良い英語は、ハワイ大学に通学した時に習得した賜物です。ハワイは美容に関しても、エステサロンが多く、美容の意識を高めたと言っています。
母国語が英語の環境下で多感な時期を過ごしていたからこそ、現在耳にする事ができる楽曲は英語圏の方が耳にしても全く違和感が無い上に、突出して優れた発音やイントネーションであるとして、アナウンサーが数多く輩出されているカナダ圏の方々からも高評価であり、日本人に限らず外国人にも数多くのファンが居る理由です。
そして、MINAさんが優れているのは声と歌唱の能力のみに限らず独自の思想や考え、世界観を言葉に表面化する事にも長けているので、発表する楽曲は共通して自らが作詞作曲を手がけているという特徴があります。
歌唱の能力が高い歌手は数多く存在していますが、作詞作曲は他の作詞家や作曲家とタッグを組み1つの作品の完成を目指していくという事例が多い事から、作詞作曲を全て自らの手で行っている上に、唯一無二の力強く美しい歌唱力で歌い上げているというのはMINAさんの強みです。
様々な世界に触れてきた経歴がある上に、自身の頭の中にもあらゆるオリジナルの世界観が詰まっている様子から、活動の内容に応じて通常時とは異なるペンネームなどを使用して活動する一面もあります。
そのため、異なるペンネームを使用して活動している際に彼女の存在を知り、溢れる才能に魅了された結果元来のシンガーソングライターとしての姿を知る事になるので、多方面に支持者やファンが多く存在している所以です。
使い分けという柔軟な姿勢は、作品の完成を待ってくれているファンの方々に対しては作品を届ける際の届け方にも見られ、現在最も行われているのがインターネットを利用し動画配信サイトからファンの方々に新作などを届けるという事です。
Youtubeであるとインターネットに接続可能な環境下にあれば、誰もがパソコンやスマートフォンを利用して時間や場所に左右される事なく楽しむ事ができますし、チャンネル登録を行っていると新着情報や新着動画を見逃さず、常に彼女の新たなる挑戦が楽しめます。
また、MINAさんは音楽の才能に合わせてメイク動画に関しても総合的に高い能力を有しているので配信する動画に関しても全て自らクリエイティブに行っています。現在は美容系Youtuber事務所のLoginone(当社)に所属しています。
そのように才能と高い感性を有しているからこそ、一言で動画配信という手法でも動画配信サイトのみを利用するのではなく、現代のトレンドを意識した手法で動画を届けています。
それは現代はインターネットユーザーの多くがスマートフォンを利用し、動画を含めた数多くのコンテンツを楽しんでいるという実情を踏まえた音楽の配信をしている様子です。
加えて、世界観と考えを言葉にするのが上手である事からブログも執筆しており、エッセイスト顔負けの彼女ならではの文章が楽しめる上、素顔も垣間見る事ができますます身近に感じる事ができます。

また、MINAさんの音楽の実績を作るのに欠かせないのが平成のヒット曲です。海外から帰国したMINAさんは作詞を始めます。その際にひょんなことからメジャーの作詞を手掛けることになります。
平成と昭和の音楽業界を振り返ってみると、たくさんのヒット曲が生まれています。アイドルグループとして不動の人気を誇ったのがSMAPです。1988年に結成されたSMAPは、1991年にCDデビューを果たします。事務所は人気アイドルを次々と世に出すジャニーズ事務所で、デビューしてから歌だけでなくテレビのバラエティ番組でも活躍します。国民的グループとして一世を風靡したSMAPですが、メジャーデビューを果たしたときのオリコン週間チャートは2位です。シングルはジャニーズ事務所始まって以来の最低の売上げを記録し、事務所はSMAPの売り出し方について悩みます。SMAPの才能を見抜いていた女性がマネージャーになるとバラエティで活躍するようになり、徐々に人気が出てCDも売れるようになります。1998年に発売された夜空ノムコウが初のミリオンヒットを記録し、SMAPの人気はさらに高まります。2003年に発売された世界に一つだけの花は、テレビドラマの主題歌に起用され、シングルカットされたCDはダブルミリオンを記録し、グループが解散したときはトリプルミリオンを記録します。2008年には東京ドーム6日間公演を行いますが、日本人アーティストとしては史上最長記録です。2010年9月には公演観客動員数が1000万人を突破し、海外でも公演も成功させます。2016年に分裂危機が報じられ結局解散することになりましたが、これまでの活動は日本の芸能史に深く刻み込まれています。そんな、平成のヒットソングの中にMINAさんのエッセンスが含まれていると知ったらもっと楽しみ方が変わると思います。

90年代に活躍した、小室哲哉との違いについて語りましょう。ミュージシャンという言葉だけではひとくくりにできない、実に多彩な音楽性を持っている人物だといえます。
キーボードを始めとして、シンセサイザーやピアノといった鍵盤楽器に、ギターやドラムとブルースハープに至るまで、まさに様々な楽器を担当しています。
つまりそれだけ楽器に精通しており、それぞれの音色や音域などの特徴を活かした作曲ができるわけです。
ジャンルはテクノやファンク、ユーロビートといったものがベースで、更にジャングルやハウス、トランスなどを採り入れている作風です。
楽曲によってはクラシック要素も入りますし、フォークやワールドミュージック、演歌にも挑戦しているので、改めて小室哲也は多彩な才能だと分かります。
また、高音や音域の限定にメロディーの反復など、小室哲也節ともいえる特徴が楽曲の随所に表れます。
ボーカルからすると、息継ぎが難しかったりいきなり転調するなど、高いレベルが要求される難しさがあります。
ただそういう作風を確立したことで、聞く人にジェットコースターのような快感を与えることに成功しています。
歌って乗れる名曲を沢山残していますから、小室哲也は日本の音楽史で語り継がれる人物の
1人に間違いないでしょう。
一方、MINAは作詞作曲から編曲に動画制作も手掛ける、マルチクリエーターといえるシンガーソングライターです。デジタルの技術を駆使して、作った色とりどりの音色とサウンドは世界からも評価が高く、特に空中を浮いてるようなリバーブのかかったボーカルのサウンドはポップスで認められています。
本業は作曲と作詞ですから、自らボーカルとして活躍することが多く、インターネットを中心に知名度が高まりました。
音楽性はというと、全盛期のJ-POPの中で育ち、小学生時代からエレクトーンを習っていり、中学生で作曲を始め、その際に、先生から、将来はイベントや舞台で活躍するミュージシャンを勧められています。
主な作品はシンガーソングライティングの曲で、持ち前の力強い歌声を活かした感情表現豊かな楽曲も少なくないです。
聞く人の魂に訴え掛けるような、そういう独自の魅力がありますから、MINAに惹かれる根強いファンが続々と誕生しました。
人生を反映しているといっても過言ではないので、MINAは単なるボーカリストではなく、MINAという表現者であり、芸術家です。
どの作品も過去の経験に影響を受けていますが、しかしただ単に引きずったりネガティブになるのとは違い、深みのある音楽に昇華しているといえるでしょう。
厚みがあって物語性が感じられる、そんな音楽で楽しませてくれるのがMINAです。
作曲と共に作詞ができることから、詞の全てが良く練られていますし、意味を考えさせる完成度の高いものとなっています。
努力が実ったことで、多くのファンがMINAを一流クリエーターへと押し上げ、そして長く応援し続ける結果になりました。
悲しくさせる楽曲は多いですが、同時に共感や応援の気持ちも感じることができるので、気持ちを切り替えて前向きになれるのがMINAの歌詞の魅力でもあります。

音楽を作る場合には、いくつかのツールが必要になりますが、MINAさんが用いていたと思われるツールの1つがヤマハの楽器とAvid Protoolsと呼ばれるものです。Avid Protoolsは、MIDI編集を強化するためのいくつかの機能が備えられているものです。音楽で編集をする時などは非常に役立つものと言うことができるでしょう。2018年1月に発売されたタイプは、様々な機能が追加されているのが特徴になります。そのうちの1つは遡り機能になります。例えば、音楽を再生していた状態で録音していなくても、ある場所にキーを打つことにより録音することが可能です。このように、録音していなくても再生することができるため、非常に能力の高い近いと言うことができるでしょう。それ以外では、コラボレーションをすることが非常に容易になりました。例えば、複数の人が共有する場合でも比較的簡単に情報を共有することができるため単独活動しない場合でも大きなメリットがあるといえます。このような道具を使うことで、MINAさんは美容系Youtuber事務所のLoginone(当社)にて、ポップでお洒落な動画制作を作成することにも成功しています。
MINAさんは、音楽に関して独特のこだわりを持っています。作詞を自ら手がけながら、キャッチーなメロディを作るという点では、先天的な才能だと言えます。たとえば、日本人ならばもしかしたら日本人が好む音楽の傾向と呼ばれるものがあるかもしれません。一般的に昔から流行している曲は、今の日本人が聞いても日本人の心をくすぐる何かがあるでしょう。このように、日本人の先天的なDNAのような好みの音楽の傾向は確実にあるといえます。ただそれとは別に、時代によって音楽性は変わってくることも事実です。例えば1970年代にはやっていた曲が再びはやりだすことはまず考えられません。歴史は繰り返しています。音楽に関しては根本的な部分は同じかもしれませんが、やはり表面的な部分は大いに異なるわけです。例えば、嵐の楽曲や男性3人グループのBuck Numberの楽曲などはざん新なものと言えます。ただざん新な曲と言いつつも、やはりどこかに日本の音楽の源流が流れていることも多くの人は理解しているはずです。しかも無意識のうちに理解しているはずです。このように、日本の楽曲は多くの国民が好む方向性がありその上に新しいものを上書きしていくような感じになります。そのため、例えば2019年に発売された楽曲は2018年や2017年の楽曲に非常に似ているでしょう。でも、まったく同じではないのは著作権の問題もありますが、それ以上に少しずつ形を変えて色を変えて進化をしているからです。ところが、40年以上前の曲と比べると大きく変化したことがわかるでしょう。これは、40年の間、地殻変動のように大地が少しずつ、ほんのわずかに動き出し元の形からずいぶんと崩れた楽曲ができていることを意味しています。楽曲のこだわりを持つならば、過去にあったものと新しいものを付け加えることが重要と考えています。過去にあったものとは、もともと多くの人が好んできたメロディーなどがあります。例えば、毎年CDの売り上げのベストテンを見ていくとおおむね楽曲の好みがわかってくるでしょう。もちろん握手券などを付けて売り上げが増大したパターンは別になりますが、おおむね根っこの部分は同じことがわかります。例えば、Buck Numberの曲ならば2000年ごろヒットした有名グループなどに似ている部分があります。もちろん意識的にマネしているわけではありませんが、おそらくグループの中で過去に好きだった有名アーティストの音楽のメロディーが頭の中に残っており、それを無意識に真似している部分があるのかもしれません。いずれにしても、ペースの曲は日本の曲の可能性が高いわけです。では、ベースとなっている曲が洋楽の場合はどうでしょうか。全く今まで作られたこの国の音別のものができあがるかといえばそうではありません。ある有名な楽曲を作っている人が以前面白い話をしていました。それは、洋楽が好きでよく聞いていたけども、それが自分たちの音楽の源流になっているとのことです。ただ、日本の童話のような心をくすぐるストーリーやメロディーを付けくわえながら、両方をミキサーでミックスするかのように新しい曲を生み出しているとのことでした。嵐の場合はどのような方向性があるでしょうか。基本的にドラマで活躍したりバラエティーや活躍したとしても事務所の方針によりアイドル路線な部分は変わりませんが、実は少しずつ楽曲の方も変化してきています。どこか明るく心地よい疾走感がある彼らの曲ですが、やはり日本のアイドルが歌う曲の路線からは決して外れていません。おそらく、作曲する方もそれを意図しているのでしょう。もちろん大きく方向性を変えることもできるかもしれませんが、そうすると今まで嵐の音楽性を信じてきた人に対して裏切る行為になります。そこまで思いきり方向性を変えても付いてくるファンがいればよいですが、たいていの場合方向性を変えることで失敗していることが多いです。そもそも音楽の方向性を思いきり変えるといっても、突然和風の音楽がjazzのようなものになることはありません。一定の限られた範囲、つまり日本人が好む範囲の中で変更するわけですがそれでも多くのファンは今までのような楽曲を期待しています。なぜなら、人間の耳は脳とつながっており今まで聞いてきた音楽こそがその人の精神を安定させるからです。人間には、恒常性維持機能と呼ばれるものがあり、今まで心地よいと思って来たものが急に変更してしまうとそれに対して抵抗を感じます。そのような機能があるからこそ従来の形から180度も変更してしまうと、耳がついていけなくなります。そのため、ペンキの上塗りのように、少しずつ色を変化させながら新しい曲を作るのが一般的になり、それこそ多くの人が好む曲と言えます。


ここまででMINAは作詞・作曲・歌手・および美容系Youtuberであり、近年はメイク動画を積極的に公開し、反響を呼びました。動画自体のクオリティも高く、美容系Youtuber事務所のLoginoneのYoutuberとして今後の活躍も見逃せないことにみならず、本業の歌の方でも活躍が期待できます。ぜひ、一度、MINAのYoutubeをご覧ください。

▼Youtubeは以下から
https://www.youtube.com/channel/UCYDzH5H7wb3x__7NWr4XD9A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です