千葉のSEO対策ならお任せください。

❶正しいSEO対策

SEO対策を行うには、正しいSEO対策の理解が重要不可欠です。以前よりSEO対策といいますと、「外部リンクをとにかく集めればいい」「外部リンクを貼ってさえすればあとは自然と上位表示に繋がる」といった手法が横行していましたが、現在では単純に外部リンクを貼るだけでは、検索エンジンにおいて上位表示にはつながりません。また、自社のサイトに関係のない外部リンクを貼りすぎると、Googleからペナルティとして順位を下げられてしまう可能性もございます。このペナルティは、特定のキーワードだけ順位が下がるのであればまだいいのですが、最悪の場合どのようなキーワードで検索しても(自社独自のサービス名や会社名、代表者の名前などでも)検索エンジン上に表示されないというパターンもございます。SEO対策を正しく行うには、小手先のテクニックに終始するのではなく、Googleに好まれる形をキチンと理解して対策を講じる必要がございます。Googleは、基本的にはユーザーが好む情報を常に研究し、そのユーザーが求める情報に即したサイトをキーワードに応じて上位に表示しています。そのため、Googleに好まれる形というのは、ひいてはユーザーに好まれる情報をキチンとホームページで訴求するということにもつながります。今回は、このようにGoogleに好まれる正しいSEO対策について、いくつかご紹介していきます。

 

SEO対策についてわからないことがございましたら、お問い合わせください。担当者にお繋ぎいたします。

お電話又はメールでのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

❷タグの設置

Googleに好まれる正しいSEO対策の方法として、まず初めに挙げられるのがタグの設置になります。ここでいうタグとは、ホームページに組み込む、「タイトルタグ」「ディスクリプション」のことを指します。この2つは、ホームページの中で表示される内容ではなく、HTMLと呼ばれるソースの中に組み込むため、基本的にユーザーはホームページ上で見ることができません。ただ、Googleに対して、自社のページの内容をキチンと伝えるためには非常に重要な項目になります。「タイトルタグ」は、その名の通り、対象のページにおけるタイトルとなる文言のことを指します。自社の訴求したいページには、どうような内容が書かれているのか?訪れたユーザーにどういったことを伝えたいのか?を端的にまとめる必要があります。「ディスクリプション」とは、上記のタイトルに合わせて、訴求したいページの内容をより具体的に説明する説明文のことを指します。こちらも、タイトルタグと同様に簡素に分かりやすくまとめる必要があります。タイトルタグとディスクリプションにつきましては、対象ページに訪れたユーザーの目には基本的に触れないとお伝えいたしましたが、この2つはGoogleに対して訴求する上で非常に大事な要素になります。Googleは対象ページの情報を把握するにあたって、まずこの2つの要素を確認し、ユーザーにとって価値のあるページかどうかを判別しています。また、この2つの要素は、対象ページ上は表示されませんが、Googleの検索結果ページにおいて表示される項目になります。特定のキーワードで検索したユーザーが、検索結果ページの中から自社の対象ページを選んでもらえるように、魅力ある文章を意識するとより効果的です。このようなことから、SEO対策においては、この2つの要素を押さえておくだけでも非常に効果的になります。検索エンジンで上位表示化を図りたいキーワードを含有したり、ユーザーに魅力が伝わる文章を心掛けたりしながら、集客につながる対策を行っていただきますといいでしょう。

 

❸Googleサーチコンソールの活用

SEO対策を行う上で、各種ツールを扱うことはその後の効果検証する上で欠かせません。その中で、特に重要なツールがGoogleのサーチコンソールというツールです。こちらは無料で活用いただくことが可能です。サーチコンソールは、一言でいうとホームページを運営していく上で、唯一Googleとやり取りができるツールとなります。Googleは近年になって自社のホームページでの問題点や改善点を細かく教えてくれるようになってきています。これらは全てGoogleサーチコンソール上にきますので、ぜひ定期的に確認いただければと思います。また、サーチコンソールではGoogle検索経由での情報を見ることができます。ユーザーがどのようなキーワードで検索して自社のページに訪れたのか?そのキーワードで自社のページは何位に表示されていたのか?などが分かります。SEO対策を行う上で、キーワード選定は非常に重要なポイントになります。そのキーワード選定を行う上で、自社サイトの現状を知ることは対策の第一歩になります。サーチコンソールを活用し、現状分析を行いながら効果的なキーワード選定につなげると効果的です。

 

❹検索ニーズに合ったSEO対策

正しいSEO対策を行うには、Googleに好まれる形を目指す必要がありますが、先述した通りGoogleに好まれる=ユーザーに好まれるということですので、いかにユーザーの意図を汲み取るかというのが大事になります。自社のサービスや商品を探しているユーザーは、どのようなキーワードで検索しているのか?、どういった悩みを抱えているのか?といったことをキチンと事前分析し、ホームページで訴求していく必要があります。その上で、サーチコンソールの流入キーワードデータなどは非常に役に立つかと思います。ターゲットに応じたユーザーの、検索ニーズにあったSEO対策を心掛けましょう。

 

❺まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はSEO対策を正しく行う上で、大事なポイントを少しだけですがご紹介させていただきました。まだまだ今回ご紹介した内容以外にも多くの要素がSEO対策を行う上ではございます。SEO対策を効果的に行う手法は、インターネットや本などでも多く紹介されていますが、その中には正しいものと正しくないものが入り混じっているのが現状です。当社では、お客様のご要望に応じて正しいSEO対策で効果的なご提案を実施させていただいております。ご相談は無料になりますので、是非、千葉のSEO対策ならお気軽にお問合せください。

SEO対策についてわからないことがございましたら、お問い合わせください。担当者にお繋ぎいたします。

お電話又はメールでのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)