音楽プロモーションと著作権登録代行の会社なら:Loginoneという会社を知っているでしょうか。これは音楽活動を行うアーティストにとってぜひ知っておきたい会社になります。ここではLoginoneについて紹介していきます。

依頼する→

①Loginoneとは
Loginoneは、音楽出版と著作権代行を行う会社です。米国放送協会の会員であり、海外を拠点に活動しています。
今は、SNSなどで音楽を収録した動画を公開している人も多いのではないでしょうか。しかし、たとえInstagramなどに動画を公開して、何度もバズったとしても、日本国内ではSNSで著作権からの収益を得るためには、著作権団体に登録していなければならないといったハードルがあります。そして、日本国内の著作権の登録は非常に難しいことが指摘されています。
日本国内では、カバー曲やサンプリングなどの曲の場合、著作権の登録をすることができません。そのため、どれだけ自分でアレンジを加えていたとしても、著作権の登録ができず、だからこそSNSから著作権の収益を得ることが不可能なのです。そこで、Loginoneはアメリカの著作権団体に著作権を預けることで、日本では登録できないようなカバー曲やサンプリング等の曲から著作権を得ることを目的としています。自分でアレンジした曲であればジャンル問わず登録することができ、ここに登録すれば過去の音楽であったとしても著作権を徴収することが可能になるのです。

②いくらかかるのか
その一方で、どれだけお金がかかるのか、著作権を預けるとかなりお金がかかるのではないか、と心配な人もいるのではないでしょうか。Loginoneは登録には一切の費用がかかりません。ロイヤリティーの50%、もしも著作権の代行を依頼する場合は60%を支払うだけで済みます。つまり、登録する時点で何かを支払わなければならない事はなく、著作権の収益を得てから支払えるメリットがあるのです。

③プロモーションも充実
Loginoneは著作権を預かるだけではなく、一定の審査に合格したアーティストに対してはプロモーションを行っています。実際に音楽活動をしているアーティストが、音楽の道で知名度を高め、成功できるように、アシストをしているのです。
実際にプロモーションを受けたアーティストの中には、SNSでの早慶再生回数が8000万回を超えた人も少なくありません。Loginoneは世界中に作曲家や作詞家などのアーティストたちのコネがあるので、ここでプロモーションを受けると、知名度を高めることが可能なのです。
また、プロモーションをするだけではなく、楽曲制作にも支援を行っています。例えば、音楽活動を行っていると「ドラムが欲しい」「この音楽をきれいに歌える歌手が欲しい」などと考えることもあるのではないでしょうか。しかし、イメージに合うアーティストが見つからず、なかなか導入できないということもあるでしょう。
Loginoneには1万人を超えるフリーランスのアーティストたちが集まっているので、「ベースが欲しい」と思ったときはそのベースを弾ける人がいないか、協力を募ることができます。そこから新たなつながりができ、知名度を高めることに成功することもあります。そのため、Loginoneの楽曲支援のサービスを利用する事は大きなメリットにつながると言えるでしょう。
同時に、持ち歌がない場合も助けてもらうことができます。アーティストの場合は自分の持ち歌を有していることがほとんどですが、もしも持ち歌がない、何か新しい曲を作りたい、と感じる場合も楽曲制作を手伝ってもらうことが可能です。よって、音楽活動をしているアーティストにとっては強い味方だと言えるのです。

④日本語でも利用ができる
Loginoneは今現在は海外を拠点として活動しており、アメリカの放送協会の会員になっていますが、2023年までには日本法人を立ち上げる予定です。今現在も日本語で利用することができ、公式ウェブサイトも日本語で書かれていますし、登録や問い合わせも日本語で利用可能です。公式ウェブサイトにはテキストチャットも用意されており、何か質問がある場合はテキストチャットから問い合わせることで数十分で回答を得ることも可能です。
しかし、日本法人が設立されたらさらに安心だと思う人も多いのではないでしょうか。海外が拠点となっていると、何かトラブルがあったときに大丈夫なのか、どこまで日本語で対応してもらえるのか、などと不安も多いですよね。しかし、日本法人が設立されることで、その不安も払拭することができます。

Loginoneは音楽活動をしているアーティストにとって強い味方になります。自分がアレンジしている曲にドラムやベースなど、自分の思った通りのイメージでアーティストに協力してもらうことも可能であり、より良い音楽を作り上げるチャンスになります。また、日本国内では登録できない著作権の問題もクリアすることができ、自分でアレンジした曲であれば、どんなジャンルの曲であったとしても、カバー曲やサンプリングも登録することができるのです。 そうなればSNSで音楽を拡散することができ、そこから著作権の収益を得ることもできるため、アーティストとしては成功につながります。音楽が好きだけれど収益が得られないと悩んでいる人は、ぜひ利用を検討してみて下さい。ロイヤリティーの50%を支払うだけですので、金額も心配する必要がありません。