アーティストとして音楽活動をしているにもかかわらず、著作権の登録ができなくて収入にならないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ここでは、そのように著作権の登録ができずに悩んでいる人に朗報をお知らせします。ぜひこのブログを読んでください!

依頼する→

①音楽出版や著作権登録代行を行うLoginone
Loginoneは、音楽出版や著作権の代行を行う会社です。
今や、SNSで自分のアレンジしたカバー曲やサンプリングを公開している人が増えました。Instagramなどで何度も再生されている人も多いのではないでしょうか。しかし、今現在、SNSで何度音楽が再生されたとしても、そこから著作権を徴収するためには著作権団体に登録している必要があります。その一方で、日本ではカバー曲やサンプリングは著作権団体に登録できないデメリットがあり、だからこそ、たとえそれが自分のアレンジした曲であったとしても、著作権の問題から収益につながらないケースが多いのです。
そこで、米国放送協会の会員であるLoginoneに著作権を代行してもらうことにより、アメリカの著作権団体に登録し、カバー曲やサンプリングであったとしても著作権を徴収することが可能になりました。言い換えれば、日本国内では登録できないものであったとしても、Loginoneに代行をお願いすることでアメリカの著作権団体に登録し、自分でアレンジした曲の著作権から収益を得るということになります。
音楽であれば、どんなジャンルのものでも構いません。クラシックでもラップでも何の問題もなく、登録が可能ですし、昔作った音楽からも著作権を徴収することができます。

②いくら払えばいいのか
そんなことを言ってもお金がかかるんでしょうと思う人もいるかもしれません。Loginoneは海外を拠点に活躍しているため、日本円しか持っていないなどと不安に思う人もいるのではないでしょう。
Loginoneへの支払いは、ロイヤリティーの50%になります。つまり、登録する時点で登録料を支払うわけではなく、登録して著作権を持ち、収益が発生したら、その半分をLoginoneに支払う形になるのです。もしも著作権を預ける場合は60%を支払う必要があります。
支払いは事前に支払うのではなく、ロイヤリティーが発生してから支払うものであり、つまりはロイヤリティーが発生しなければ支払う必要がありません。だから、「そうは言ってもお金がない」と悩む必要がないのです。

③プロモーションも充実
Loginoneは著作権の代行をお願いし、カバー曲やサンプリングであっても著作権の登録を可能にしてくれます。しかし、それだけではなく、ある一定の審査に合格したアーティストであればプロモーションも手伝ってくれるメリットがあります。このプロモーションも無料でそのサービスを受けることが可能です。
世界各地に作曲家などのコネがあるLoginoneがプロモーションを行うことで、音楽活動を行っているアーティストたちはその知名度を世界に広げていくことができます。その結果、例えばプロモーションのサービスを受けたアーティストの中には、SNSでの総計再生回数が8000万回を超えた人も少なくありません。それによってより多くの人に知られるようになり、さらなる音楽活動を活発にしてくれるのです。
もしも音楽で活躍したい、もっと多くの人に知られたい、と思うのであれば、ぜひこのプロモーションのサービスを受けてみると良いでしょう。

④楽曲の提供
Loginoneは海外を拠点としていますが、世界中に1万人を超えるフリーランスのアーティストたちを抱えています。自分で音楽をアレンジしている時、例えばベースが欲しい、ドラムが欲しい、この音楽のイメージに合う歌手に歌って欲しい、などと思う人もいるのではないでしょうか。
そのような場合、Loginoneに所属しているアーティストたちに依頼をすることも可能です。それによって、レベルの高いアーティストたちと共同で音楽を作り上げることも可能であり、一緒に知名度を高めることができるのです。自分が欲しいと思っていたイメージにぴったりの楽器なども手に入る可能性が高まります。
このように、Loginoneは楽曲制作も手伝ってくれますので、音楽活動をしたい、アーティストとして活躍したい、と考えている人には大きなメリットだと言えるでしょう。特にアーティストたちとのコネが少なく、なかなか思った通りの奏者がいないなどと悩んでいる人は、ぜひこのサービスを利用してみると良いでしょう。

⑤日本法人の設立も検討
Loginoneは今は海外を拠点としていますが、2023年までに日本法人の設立も検討されています。今も日本語での利用が可能であり、公式ウェブサイトからはテキストチャットで問い合わせることもできます。すべて日本語で対応可能ですので、英語等が話せなくても心配する必要はありません。

今現在の日本では、いくら自分がアレンジしていたとしても、カバー曲やサンプリングの著作権登録ができません。そのため、著作権に関する楽譜等を購入してもらうこともできず、収益につながらないデメリットがあるのです。
しかしLoginoneに登録することで著作権の登録が可能になり、音楽を購入してもらうことも可能になります。さらにプロモーションや楽曲支援のサービスもあるので、アーティストとして活躍したい人はぜひ検討してみて下さい。