Youtube広告代行東京は Loginone

Youtube広告代行東京の当社は初期費用は一切かかりません。予算に関わらず手数料は2万円で開始できます。

企業やお店の商品やサービスを拡散し、宣伝するのに効果的なYoutube広告を効果的に配信するなら、当社にお任せください。インターネット広告専門の当社が、的確なターゲットに適切に代行いたします。

Youtube広告代行についてわからないことがございましたら、お問い合わせください。担当者にお繋ぎいたします。

お電話又はメールでのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

【広告が掲載される場所】

例えばブランドの認知を高めたいインストリーム広告(動画の前に配信される広告)でも、日本国内に配信で1再生10円から設定可能です。そのほかにもYouTubeの検索結果や関連動画、モバイル版YouTubeのトップページに表示される広告のTrueViewディスカバリー広告やアウトストリーム広告という、YouTubeではなく、Google広告と連携しているサイトやアプリなどに配信されるモバイル専用の広告など多くの種類があります。

【デスクトップのYouTubeに広告配信された場合】

スマホ広告だけでなくデスクトップPCにもYouTubeで広告配信が可能です。全部で9種類ある様々な広告のパターンから適切な場所に広告を配信致します。

手数料は業界最安値の2万円のみ

インターネットで動画といえば、YouTubeを思い浮かべる方も多いと思います。最近では、YouTuber(ユーチューバー)という肩書で、YouTube内で自身の動画を配信しているユーザーも非常に増えてきています。誰でも簡単に動画を撮影・編集できるため、企画力さえあれば一気に動画を閲覧するユーザーを集めることができます。ではなぜユーチューバーはYouTube内に動画をアップロードするのでしょうか?YouTubeで動画を閲覧していると、閲覧開始前や途中に広告が流れることが多いと思います。この広告費によってユーチューバーは利益を得ているのです。今回は、このようにYouTube上に表示される動画広告について紹介します。当社では、YouTube広告の代行を東京で行っております。このYouTube広告を効率よく東京で展開する手法を代行しておりますので、是非、ご相談ください。YouTube広告は、先ほどのユーチューバーを活用することで、数多くのユーザーにアプローチできるようにもなります。とはいえYouTube広告は動画を作るのも大変そうだし、お金も莫大にかかりそう、効果が見えにくいのではないかと不安に感じることも多いかと思います。YouTube広告代行を東京で行っている当社では、そのようなお客様に向けてYouTube広告の基礎知識から、押さえておきたいポイントなどを紹介します。近年、インターネットの回線環境の向上によって、YouTube広告の市場は急激に拡大してきています。このままいくと、数年後には現在の2倍以上の規模に達するともいわれています。YouTube広告とは、その名の通りYouTube内に掲載される動画型の広告になります。当社は一律手数料2万円で、予算に限らずYoutube広告の代行を行います。他社ですと予算が10万円以上でないと、引き受けてもらえないことが多くあり、また、手数料も5万から10万と非常に高いです。当社は手数料は一律2万円と非常にお安くなっています。今までのリスティング広告や各メディアでのディスプレイ広告とは異なり、ユーザーに動画でアプローチできる点が大きく違います。SNSのようにコミュニケーションが相互に取れるわけでもありませんが、動画の配信者と閲覧ユーザーまたは閲覧ユーザーどうしでは一部コメントができますので、広告に関しても拡散の可能性も含んでいます。YouTubeは現在、Googleが提供しているサービスとなります。そもそもYouTube自体は日本において2005年頃から主流となりだし、老若男女問わず幅広い年代で利用され、今では利用ユーザーが6,000万人以上にも及びます。YouTubeには音楽、教育、動物、子供、ゲーム、料理、メイク・ファッションなど様々なジャンルがあり、毎日大量の動画がアップロードされています。このYouTubeは、先ほども述べた通りGoogleが運用していますので、YouTube内での広告展開もGoogle広告内で設定して出稿・運用することが可能です。既にリスティング広告などで、Googleの広告を利用している場合であれば、管理画面を確認すれば、YouTubeの動画広告の仕方も簡単にわかります。当社では、YouTube広告の代行を東京で行っております。このYouTube広告を効率よく東京で展開する手法を代行しておりますので、何なりとご相談ください。

【YouTube広告の効果のデータ分析結果】

例えば2020年11月2日から25日間広告を配信した結果、20.2万回も広告がユーザーに表示され、広告単価も10円で配信されたことがわかります。再生回数も2640回増え、そんなにお金をかけずに、広告の効果が出たデータがあります。

【広告の費用】

YouTube広告にかかった費用も1動画2000円以下で済んでおり、20.2万人に広告が配信されたので、費用対効果も非常に良いことがわかります。

Youtube広告の種類とメリット

Youtube広告には、現在全部で6種類の広告手法があります。この6種類の中から目的に合った動画フォーマットを選んで配信することができます。広告はパソコン、モバイル(スマホ、タブレット)ともに表示されますので、自社の商品やサービスに対するターゲットをふまえ、YouTube動画を活用しながら効果につながる広告展開を実施する必要があります。ここでは、6種類のYouTube広告の手法について簡単に紹介します。まず1つ目は「スキップ可能なインストリーム広告」です。インストリーム広告とは、YouTubeで配信される動画の再生前後や、再生途中に配信される広告のことをさします。一般的にYouTube内でユーザーがよく目にする広告手法がこの形になります。このインストリーム動画の中で、動画配信後5秒程度経過すると、広告をスキップするオプションがユーザーに表示される形式が、スキップ可能なインストリーム広告になります。広告主もよく利用する広告手法になりますので、ユーザーに自社の商品を比較検討させたり、自社のサービスのブランディング向上を目的として活用するケースが多くあります。また、インストリーム広告は、5秒でユーザーが動画をスキップしても費用は発生しません。30秒以上再生されてはじめて費用が発生しますので、無駄な費用を抑えて運用することもできます。これからYouTube広告を考えている方や、まずはお試しでという方にはオススメの手法になります。2つ目のYouTube広告の手法は「スキップ不可のインストリーム広告」です。

1つ目とは違い、スキップ不可のインストリーム広告は、Youtubeで配信される動画の再生前後や再生途中に配信される広告のうち、5秒程度経過した後もスキップすることができない形式になります。この動画広告の長さは15秒~20秒以内に限られています。そのため、しっかり最後まで視聴されるので、自社の商品やサービスをキチンと伝える上では有効な広告手法になります。一方で、広告を強制的に再生され、かつスキップも出来ないということは、ユーザーからすると非常に苦痛を感じることにもなります。ユーザーは、広告に関しては出来るだけ飛ばし、もともとのニーズのある動画の視聴を楽しみにしています。そこに長尺で強制的に見せられる広告が入ると、広告に対してマイナスイメージを持つ可能性もあります。また、スキップ不可のインストリーム広告の費用は、広告が1,000回表示されるごとに発生するインプレッションに応じた課金型になります。3つ目のYouTube広告の手法は、「バンパー広告」になります。バンパー広告とは、YouTube動画の前後や再生途中に配信される6秒以内の動画広告のことをさします。こちらも、スキップ不可のインストリーム広告と同様に途中スキップはできませんが、6秒以内で構成された動画の広告となりますので、ユーザーに対してもそれほどマイナスイメージが生まれにくいのが特長となります。またこのバンパー広告は、6秒以内で構成されていることから動画の視聴完了率が高く、インプレッション(広告が表示される回数)も多く稼げるため、広くいろいろなユーザーにリーチしてブランド力向上を図る上では有効な広告手法になります。

こちらの広告費用も、スキップ不可のインストリーム広告と同じく、広告が1,000回表示されるごとに発生するインプレッションに応じた課金型になります。6秒以内の動画を作成することは非常に大変ですが、当社では、YouTube広告の代行を東京で行っております。このYouTube広告を効率よく東京で展開する手法を代行しておりますので、何なりとご相談ください。4つ目のYouTube広告の手法は、「TrueViewディスカバリー広告」になります。TrueView ディスカバリー広告は、YouTube 内で関連動画を紹介する画面や、YouTube内での検索結果画面、モバイル版のYouTubeのトップページなどに配信される広告をさします。この手法は、インストリーム広告やバンパー広告のようにユーザーが動画閲覧中に受動的に広告を視聴するのではなく、ユーザーが自ら能動的に広告をクリックした際に広告が再生されるため、自社の商品やサービスに関心度が高いユーザーを集めることができます。さらに、ユーザーが動画のサムネイルをクリックして、動画の視聴画面に遷移した際に初めて課金されますので、費用対効果も高いものが期待できます。

YouTube広告の手法は「マストヘッド広告」となります。マストヘッド広告とは、YouTubeのホームフィードの上段に最大で30秒自動再生される広告になります。音声はありませんが、YouTubeのTOPページの最も目立つ場所に掲載されるため、ブランディングの側面含め、大々的にアプローチをしたい場合にオススメの広告枠になります。また、このマストヘッド広告は一般的な純広告と同じ枠になります。そのため、広告代理店を介して実施した方が効果的です。当社では、YouTube広告の代行を東京で行っております。このYouTube広告を効率よく東京で展開する手法を代行しておりますので、何なりとご相談ください。最後に6つ目のYouTube広告の手法は、「アウトストリーム広告」となります。アウトストリーム広告とは、モバイル・スマートフォン専用の広告で、YouTube上に表示されるものではなく、Googleの 動画パートナー上のウェブサイトや、アプリに表示される広告となります。YouTubeにアップした動画広告を他に転用する形になりますので、YouTubeのユーザー以外にも広く認知させることができます。こちらも費用は1000回広告が表示されるごとに発生する、インプレッション課金となります。このようにYouTubeの広告手法は、目的に応じて様々用意されています。これらの手法を目的やターゲットに合わせて展開していくとなると、戦略や企画力が非常に重要になります。自社でこのあたりをカバーするのは大変です。そこでYouTube広告を専門の代理店にお願いすると、このあたりを効率よく運用することができるようになります。動画の制作も広告手法に合わせて対応できます。当社では、YouTube広告の代行を安価で東京で行っております。このYouTube広告を効率よく東京で展開し、代行しております。代行にかかる手数料は、YouTube広告にかかった費用に関わらず、2万円だけになります。YouTubeの動画広告につきましては、先ほどご紹介したように様々なプランがありますが、1再生あたり1円から金額を決めて運用することができます。「試しに小ロットから」、「今月はキャンペーンもあって○円で」といったように、予算を決めて費用対効果を意識しながら展開することもできますので、まずは一度試しください。YouTubeは無料で誰でも利用でき、高価な機材を使わなくても、スマートフォンでも簡単にキレイな動画投稿ができるほど手軽になってきています。スマートフォンの利用ユーザーもどんどん増え、YouTube動画はさらに注目度が上がっていくでしょう。YouTube広告も、ユーザーや広告主の要望を踏まえ、今回紹介した種類以外にも更に別の手法が出てくることが期待されています。ただ一方で、YouTubeの動画広告は、まだまだ企業からは馴染み薄い広告手法でもあります。動画を一から制作するのにコストがかかったり、広告配信においても何をどう訴求すればいいのか不透明な部分も、企業がYouTube広告に二の足を踏む1つの理由かと思われます。当社では、YouTube広告代行東京の当社の専門のスタッフが、YouTube広告を効率よく東京で展開する手法を提供します。YouTube広告において少しでもご興味がありましたが、是非一度ご相談ください。

手数料が安い

当社は全てのお客様に手数料一律2万円で配信可能です。

正しいターゲット

御社のターゲット層を分析し、適切に配信し、拡散します。

即日開始

当社のYoutube広告は即日開始できます。電話一本で依頼が完了します。

サービス内容

①ターゲットの分析・調査

②一再生にかかる費用の分析

③内容のご提案

④配信開始

▽配信後の対応

①広告データ分析(Google Adwords管理画面)

②ご報告

③課題の提案

※都度、結果を、お電話またはメールにて報告します。

※当社の広告配信は当社のクレジットカードを使います。お客様のクレジットカードは必要ありません。

※当社のGoogleアドワーズアカウントを使用いたしますので、即日開始できます。

ご相談ください。

リスティング広告代行新宿のLoginone©️2021.All Right Reserved